専門学校 清水とき・きものアカデミア専門学校 清水とき・きものアカデミア
専門課程

在校生の声

高校を出てからの進学、大学で洋裁を学んでからの進学、社会人からもう一度学びたいという方、さまざまな希望を胸に進学しています。みなさんの参考にどうぞご覧ください。

きもの芸術科
池田彩花
私が進学先をこの学校に決めたのは、充実した授業内容で少人数なため、しっかりと教わる事ができると思ったからです。
授業で今まで知らなかった事を知る度に、きものに対する興味が更に湧き、直ぐ誰かに話したくなります。
授業の中で特に興味がある授業は着装で、難しいけれど自分できものを着ることができるようになったり、着せてあげられるようになるのが楽しいです。色々な帯結びができるようになって早くきもの姿で出かけたいという気持ちになります。
また着付けの授業で先生や先輩がお召しになっている着物や帯を見ていると、私もあの帯結びをやってみたい!あんなきものを着てみたい!とワクワクします。
授業の始めと終わりにはしっかり正座をして挨拶したりする事で、以前より私自身の心が洗われ、礼儀などをよりしっかり気をつけなきゃという気持ちになり、自然と姿勢が良くなった気がします。
和裁の授業では七夕ショーに向けて浴衣を縫っていますが、将来は自分で振袖を仕立てて、それを着て成人式に出席したいと思っています。
将来はまだ明確には決まっていませんが、きものに関わる仕事に就いて今よりもっと沢山の人に着物を着てもらい、日本人のきもの離れが少しでも軽減すればいいなと考えています。
この学校はきものが好きな人は絶対楽しいと思える学校で、授業も先生が生徒一人一人にしっかり教えてくれるので、分からなくても安心して学ぶ事が出来ると思います!是非清水学園へ来て下さい!

 

きもの技術科
山岡来実
私は高校生の時に服飾科で洋裁尾勉強をしていました。その時に和裁の存在を知る機会があり、和裁についてもっと知りたいと思い、この学園に入学しました。
学校の授業は大変ですが、とてもやり甲斐を感じています。和裁には洋裁とはまた違った魅力や難しさがありますが、自分がこの学校で学びたかったことを学ぶことができているので、毎日充実した学校生活を送っています。
今は七月の七夕浴衣ショーに向けて、浴衣の制作をしています。これまで制作した肌襦袢などとは違い、パーツや制作工程が多くて大変ではありますが、頑張って完成させたいと思います。
私は縫う作業が好きなので、学校卒業後は自分の技術を活かせる仕事がしたいと思っています。
きものの学校は他にもありますが、私はこの学校が一番きものについて沢山の技術や知識を学ぶことができると思っています。進学先を検討中の方々には、ぜひこの学校に入学してきものの魅力をもっともっと知ってほしいと思っています。

 

きもの芸術科
北浦綾
私は元々絵を描く事が好きで、生地を染めてみたいと思い、染色を学べる清水学園を志望しました。けれども入学するまで、きものについての知識はほぼ無く、授業についていけるのかどうか不安に感じていました。
しかし実際、授業を受けてみると先生方が一から丁寧に教えて下さり、物分かりが遅い私でも色々な事ができるようになりました。
将来、どのような仕事に就くかはまだ分かりませんが、家族や友達に浴衣や赤ちゃんの肌着を作ってあげられるようになったら素敵だなと思っています。
やりたかった染色では、絞り染めのゆかたが染め上がり、糸を解いた時はすごく嬉しかったです。
自分でデザインし、染め、自分で縫った浴衣に袖を通す事はなかなかできない経験です。他にも清水学園ならではの様々な行事がありますので、この学校に入学すると沢山の技術や知識を楽しく身につけることができると思います。

 

きもの技術科
吉野綾夏
私がこの学校に進学することを決めたのは、家から通える距離だったことと、学校見学でアットホームな雰囲気だったことに魅力を感じたからです。
授業では先生方が一から丁寧に教えて下さるお陰で、全く和裁や着付けの経験がなくても、楽しく学ぶことができています。
今和裁の授業で大島紬の単を制作していますが、いずれは花嫁衣装の制作にチャレンジしてみたいと思っています。
将来の目標は、習った技術や知識を活かして和裁士になることです。
きもののことを学ぶのであれば、この学校は本当にお勧めです。全く経験の無かったどころか、ろくに針を持ったことの無かった私でも、入学から三ヶ月で浴衣を縫えるようになりました。先生方が一つ一つ懇切丁寧に教えて下さるので、きものに興味があれば、不安に思わずぜひ挑戦してみて欲しいと思います。

 

きものプロ科
中西風花
私が本校への進学を決めた理由は、和裁の他に着付け、日本刺繍の勉強を一緒に受けることができたからです。特に日本刺繍は、学べる学校が限られているのでとても魅力的です。
きもの技術科卒業後は実践に近い技術、知識を学び、一生使える技術をより多く身につけたいと思い、きものプロ科に進学しました。
授業はどの授業も技術を身につけるための時間なので、時には悩み思い通りに進まない事もありますし、プロ科はより高度な技術や知識が要求されるので大変なことも多いのですが、質問したら何でも教えて下さる先生方の優しいサポートで解決し、日々課題の取り組みに励んでいます。
授業では訪問着や振袖をはじめ、専門的な衣装など様々なものを縫ってきました。将来は縫製の仕事に就きたいので、人よりも一枚でも多く縫う事を目標にして日々課題に取り組んでいます。
専門学校は高校生活までとは違い、年齢や国籍が違う方とも関わることが増えていきます。多くの方と関わり、いろいろな人の話を聞くことで、人間的にも成長ができる貴重な時間を過ごせる事も魅力ではないかと感じています。みなさん温かく優しい方ですので、入学を迷われている方はぜひ見学を兼ねて遊びに来て下さい!お待ちしています!

 

きもの芸術科夜間部
中市陽子
私は娘の成人式をきっかけにきものが好きになり、きものに関してもっと学びたいと思い知人に相談したところ、清水学園を勧められました。ホームページを見て学校見学へ行き、夜間部でも和裁や着装をはじめ、日本刺繍や染色などカリキュラムが充実していてきものに関することがトータル的に学べることに魅力を感じ、入学の決め手となりました。
授業は少人数ですぐに質問ができる環境がいいと思いました。また和裁の授業では、基礎となる運針が大切であることを学びました。運針は今まで家庭科の授業で学んだ自己流の並縫いと違い、運針する姿勢・針の持ち方・運び方があり、練習次第で速さも仕上がりも上達できることを痛感しました。今授業では肌襦袢を制作していますが、少しずつ形になってきているのが嬉しいです。早く単衣や袷、帯などを制作できるようになって自分で作ったきものでお出かけするのが夢です。
染色の授業では、同じやり方をしても完成品は全く同じものにならない一点もののすばらしさを感じました。絞りの魅力がアップし、浴衣や帯の作成を今から楽しみにしています。
将来は和裁や着付けの資格を取って着物に関わるお仕事やコーディネートができたらいいなと思います。併せて、外国の方へも着物の素晴らしさを発信できたらと思っています。
仕事をしながらでも好きなことを勉強できる喜びは、私にとって生きる源です。仕事で嫌なことがあっても着物を見ているとストレスが解消されていくような気がします。入学前は仕事と学校を両立できるか不安でしたが、生活のリズムができてしまえば時間を有効活用できるようになります。やらないで後悔するよりやって後悔した方が自分自身納得できます。人生一度きりです。迷ったらやってみる、意外と何とかなるものです。

 

きもの技術科夜間部
田中友恵
私が進学先を本校に決めたのは、夜間部の存在です。昼間にしっかりと働きながら夜に学校で学びたいと考えていたため、夕方から受講できる夜間部は魅力的でした。
授業内容は和裁、日本刺繍、着装、きもの百科など、作り方だけでなく着方や歴史も初歩からしっかりと学べるのでありがたいです。特に興味のあった和裁の授業は少しずつですが縫い方を覚え、作品が日に日にでき上がっていくのが感じられて、とても楽しいです。
現在は肌襦袢を制作しています。将来は袷などのきもののほか、袴の制作にも挑戦したいと思っています。また、将来は自分の着たいきものを作りつつ、仕立てやお直しの仕事を請け負えるくらいに上達したいと思っています。
これから本校への入学を考えている方は、まずは一度、見学にいらしてみて下さい。学校の雰囲気を肌で感じて、ここで学びたいと思えたら、ぜひ入学して一緒に頑張りましょう!

 

きもの技術科夜間部
湯野川彩乃
私は元々織物をしていた関係で、以前からきものには興味がありましたが、きものについては少し知っている程度で、自分で仕立てるところまでは興味が向きませんでした。
年齢も落ち着き、やっと自分のやりたいことと向き合った時に「自分の織った布できものを作りたい、表現の幅を広げたい」という気持ちが生まれ、きもののことを勉強できる学校への進学を決意しました。
学校を決めるにあたり、この学園では昼間仕事をしていても夜間に和裁や刺繍、着付けをしっかりと学べるという点に魅力を感じたことで入学を決めました。
授業では着物の仕組みを知ることのできる和裁がとても楽しいです。授業中の先生とのお喋りの中でも、きものの種類やマナーなども学べ、魅力のひとつだと思っています。また、前職で色打掛などを扱っていたことから刺繍にも興味があり、刺繍の様々な技術を学べる事がすごく楽しみです。
将来は自分で織った反物で袷や単衣などを作ってみたいです。自分でデザインした刺繍を施した打掛もいつか作ってみたいと思っています。
授業でも私は家が少し遠くにあるため、少し早めに終わらせていただくなど、様々な要望に応えていただいているので毎日快適に通学しています。
また、私のように和裁や着付けなどの経験がない人にも丁寧にわかるまで教えて下さるのでとても安心です。
これからも自分の作りたいものを素直に作り、日々楽しんでいきたいと思っています。

 


きもの技術科夜間部
田邊佳絵
私が進学先を本校に決めたのは、夜間部の存在です。昼間にしっかりと働きながら夜に学校で学びたいと考えていたため、夕方から受講できる夜間部は魅力的でした。
授業内容は和裁、日本刺繍、着装、きもの百科など、作り方だけでなく着方や歴史も初歩からしっかりと学べるのでありがたいです。特に興味のあった和裁の授業は少しずつですが縫い方を覚え、作品が日に日にでき上がっていくのが感じられて、とても楽しいです。
現在は肌襦袢を制作しています。将来は袷などのきもののほか、袴の制作にも挑戦したいと思っています。また、将来は自分の着たいきものを作りつつ、仕立てやお直しの仕事を請け負えるくらいに上達したいと思っています。
これから本校への入学を考えている方は、まずは一度、見学にいらしてみて下さい。学校の雰囲気を肌で感じて、ここで学びたいと思えたら、ぜひ入学して一緒に頑張りましょう!