専門学校 清水とき・きものアカデミア専門学校 清水とき・きものアカデミア
学校法人清水学園

校歌

「夏の思い出」の江間章子先生、中田喜直先生作の校歌です。

 

初代校長の登美先生の時代に作られた本校の校歌は、小中学校で習った方も多い「夏の思い出」「花の街」を作詞された江間章子先生と「夏の思い出」「小さい秋見つけた」「めだかのがっこう」などを作曲された中田喜直先生に作っていただきました。


清水学園 校歌

作詞:江間章子
作曲:中田喜直

一、
日本の服装に歴史をうちたてた
清水学園
その輝きを我等の胸に
その使命を我等の技に
我等の技に

二、
衣は人なりと師の教え光はなつ
清水学園
その栄光を我等の胸に
その誇りを我等の技に
我等の技に

三、
よき伝統守りつくろう新しく
清水学園
その幸せを我等の胸に
その喜びを我等の技に
我等の技に

永久に栄えあれ
清水学園我が学び舎

プロフィール

江間章子(えましょうこ):

1913年3月13日~2005年3月12日。新潟県高田市(現上越市)生まれ。昭和を代表する唱歌の作詞家。詩人。代表作に「夏の思い出」「花の街」他がある。

中田喜直(なかだよしなお):

1923年8月1日~2000年5月3日。東京都生まれ。東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽学部)卒業。「小さい秋見つけた」「めだかのがっこう」「夏の思い出」など、小中学校の音楽の時間で今日も歌い継がれている数々の名曲を作曲した、20世紀を代表する作曲家の一人。