専門学校 清水とき・きものアカデミア専門学校 清水とき・きものアカデミア

糸切り鋏(いときりばさみ)
(きもの用語集)

更新日:2017年10月27日

糸切り鋏(いときりばさみ)

糸を切ったり、縫った糸をほどく時に使用する小さなはさみです。

 

刃先の部分が長くなっているものを「長刃」、短いものを「短刃」と言います。

 

長刃の糸切り鋏は主に関西を中心に使われているもので、細かいところまで刃先が届き、糸を切る他に短い部分の布を切る時にも用いることができます。

短刃の糸切り鋏は主に関東で使われているもので、糸を切る時のみしか使えませんが、太い糸でもあまり力を入れなくても切れるほど、切れ味がいいと言われています。

 

本校では関東式の短刃の糸切り鋏を使用しています。